LINEで送る

インプラント手術前の注意点

歯医者

インプラント治療を予定している女性は「手術前には化粧やネイルアートなどはしないように」と医師から伝えられることがあります。女性にとって外出する時のメイクはマナーであり、ネイルも楽しみのひとつです。なぜ禁止されているのでしょうか。インプラント手術前に化粧をしてはいけないと言われるのは、唇の色で身体の状態を確認する際の妨げとなるからです。手術の際は、顔の上に減菌された薄い布をかぶせるので、表情が見えなくなります。状態が急変した場合は唇の色で判断して対応するのですが、唇やその周囲に口紅やファンデーションが塗られているとその判断ができなくなるので、インプラント手術前の化粧は控えるよう指示されます。施術前には必ず口周りのメイクをオフするようにしましょう。完全にノーメイクで受けなければならないところもあるので事前に医師に確認しておきましょう。また、インプラント手術とは一見なんの関係もなさそうなネイルアートも、体調を判断する妨げとなるので外す必要があります。インプラントの手術中には、指先に酸素の濃度を測定する器具を付けることがありますが、人工の爪が付いていると、酸素濃度を測定できなくなる可能性があるためです。これらの注意事項を守ることは自分の身を守ることでもあるので、きちんと医師の指示に従いましょう。

 

↑PAGE TOP